相続税申告のサポート

税理士が一番活躍してくれるのが、相続税申告のサポートです。

相続税申告は大変手間のかかる作業であるため、税理士に任せるのが一番でしょう。関連-遺産相談

しかし、相続税申告はどんな税理士でもできるというわけではないので、相続税を扱える弁護士に依頼することをおすすめします。まずはじめに税理士と相続内容を確認していきましょう。

遺言書はあるか、相続人は誰に当たるのか、相続財産はどれくらいあるのか、債務はどれくらいあるのかなどを見てもらい、具体的に相続するものと相続人を明らかにします。このときに相続財産と呼ばれるものはなにも現金だけでなく、不動産や物品の場合もあることでしょう。

その際はそれぞれの評価額を出してもらう必要があります。

相続額がわかればそこから相続税を計算してもらいましょう。あとはこれらを申告書に記入しますが、これは専門的な知識がいるので、自分で書かずに弁護士に依頼するのがおすすめです。

あとは書類を提出し、相続税を支払えば終了です。かかる期間は相続する金額や内容にもよりますが、税理士に依頼することで最短1か月ほどで終わることも。自分でやれば何か月もかかることでも、専門家に任せることですぐに終わらせることができるので、時間も省けます。

⇒税務調査の立ち合い