英語ができれば海外就職ができる、というものでもない

最近海外での就職にあこがれる人が増えているようです。海外に漠然とあこがれを持っている人や、日本国内の労働環境になじめないなど、その理由は様々ですが、英語スキルに自信がないからといってあきらめる必要はありません。海外で修飾するためだけなら英語力がなくても可能だからです。
英語ができなくても海外就職は可能
そもそも海外で働きたいという時、どこの国に行きたいかで英語力がどのくらい必要なのかが変わってきます。海外で働きたいといっても、英語スキルがなくても可能である国や地域もあれば、多少英語ができたくらいでは就職は難しいという国もあります。ですので、まずはだいたいどのような国や地域で働きたいのか、就職先を選ぶ上での優先順位は何かということをあらかじめ考えておきましょう。
英語力がなくても就職できる国と地域
海外で働く日本人は増えていますが、それでも国や地域によっては日本人の人材が不足しているところもあります。特にアジアなどの新興国では日本人の就職も空きが多いようです。このような国では英語が公用語とは限りませんし、英語や語学のスキルよりも、専門的なスキルを持った人材が求められることが多いです。専門的なスキルを持っていれば、語学が多少できなくても仕事は見つけやすいといってよいでしょう。
英語スキルだけでは就職困難なケース
逆に英語がペラペラでもそれだけでは就職先を見つけるのが困難な国もあります。特に、語学以外に専門的なスキルを持っていない人の場合、語学で勝負することになりますが、例えば、アメリカの南部では、英語だけでなくスペイン語のスキルを求められることが多いです。
自分に何ができるかをリストアップ
英語スキルも一つの専門的なスキルですが、それだけしかない場合、よほど高いレベルの英語力でないと海外就職は難しいかもしれません。もちろん、どんな人材でも働ける環境がある国もありますが、そういった場合でもネックとなるのが就労ビザです。就労が可能なステータスのビザを所持しないままその国で労働することは法律違反になりますので、ぐれぐれも気を付けてください。

VITORELIN(ビトレリン)口コミ|増大効果を徹底調査!

タイトルとURLをコピーしました