英語コミュニケーションをスムーズにするためのコツ

英語で外国の方とコミュニケーション出来たらいいのになあと思っていても、いざとなるとなかなか実力を発揮できないという人は多いですよね。私たち日本人は学校で英語教育を受けているにもかかわらず、英語での実践的なコミュニケーションとなると苦手に感じするものです。でも、ちょっとしたコツを身につけておくと、意外とすんなりコミュニケーションできるものなんですよ。今回の記事では、英語でコミュニケーションするためのヒントを紹介しましょう。
間違いを恐れない
日本人の方で英語で会話ができないという場合、そのネックとなっているのが間違えて笑われるのではないか、という恐怖感です。だれでも間違えるのは恥ずかしいと思うものですが、英語を話すときにもそれがブレーキになってしまって、思い切った自己表現ができないという人は多いですよね。もちろん、間違えることなく英語をスラスラ話せるようになるのが理想なのはわかりますが、それにこだわりすぎるといつまでたってもコミュニケーションは成立しません。まずは英語を話しているときに間違えるのは当たり前と思って、どんどん積極的に発言していきましょう。
聞き取れなかったときに聞き返すフレーズを覚えよう
ある程度の英語リスニング力があるにもかかわらず、相手の話し方が速すぎたりアクセントなどが理由で、聞き取れないこともあります。そういうとき、聞き直すのは失礼かな、と思ってしまう人もいるようですが、そんなことはありません。聞き取れなかったところは、どんどん聞き直すようにしてみましょう。そのためのフレーズを英語で丸暗記しておくこともおすすめです。
言葉が出てこないときの英語フレーズを覚えよう
次に、いいたいことがあるのになかなか適切な言葉が見つからないということもありますよね。そんな時は、黙り込んでしまうとコミュニケーションがすすみません。ですので、そのような場面で使える英語フレーズを覚えておくことも有用です。「えーっと」とか「なんて言えばいいんだろう」みたいな表現で、自分にとって覚えやすいフレーズを2,3個用意しておきましょう。

皮かぶりを自分でケアできる【矯正リング】と【補助テープ】

タイトルとURLをコピーしました